×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健全 生活

サイトマップ

健全な生活の定義

健全な生活に関する一般知識で世界的に知られているのは、WHO(世界保健機関)憲章の前文中に書かれているものです。「健全な生活とは、身体的、精神的ならびに社会的に十全に良好な状態であり、単に疾患や虚弱でないことに留まるものではない。到達しうる最善度の健全な生活を享受することは、種族、宗教、政治的信念、社会・経済的前提の如何にかかわらず、皆々の人類の基本的権利の一つである。」というものです。

単に疾患や虚弱ではなく、身体的には健康力値が高く、知的には適切な指導を受け、社会的には豊かな個人関係がり、そして精神的にも安定している状態という講釈になります。最近、特に若い方の食生活ではインスタント食品などの摂取が多くなっていますから、1日3食で1日当たり30品目を達成すること困難でしょう。また、毎日が同一の30品目の繰り返しでは意味がありませんし、毎日の食材がある程度のローテーションで工夫して料理する必要があります。外食や加工食品を活用することが多く、結果的に肉類の多いメニューになりがちで、脂肪の過剰摂取や菜類不足に陥ることになります。

最近、肉類や脂肪が多い欧米型の食生活は、健全な生活を危害することが多いと考えられています。当然のことながら、疾患になって初めて気づく健全な生活の尊さ、常に注目を浴びるダイエットについて、真剣に考えてみる必要があるでしょう。健全な生活に一番反響を及ぼす食べ物についても、知っているようで知らないこと、知っていたほうが良いことなど多量の情報が氾濫していますが、正しい知性を身に付けることが重要だと思います。

健全な生活とは、生体内に起因するだけではなく、人の生きる環境や生活に起因しているものと言われています。としますと、後天的な事柄によって健全な生活は左右されているということになります。もちろん、先天的なことに起因することもありますが、大部分が後天的なことのほうが多いようです。一般には、疾患をしていなければ健全な生活だと思われています。平常に支障なく生活できていますと、それは健全な生活なのです。

勿論や腰痛、心筋梗塞といった病気は健全とはいえませんが、少し視力に問題があったりあがり症やEDといった個人の精神的な問題は表面的には健全な状態と言えるでしょう。

パニック障害

パニック障害に関して身内や周りの対応についてしらべてみましたが、なかなかに大変のだそうです。身内や周囲の人はどう接すればいいのか?迷うところですから確認しておきましょう。

【自律訓練法(リラクゼーション)】
不安やパニックが起きたときに呼吸法やリラクゼーション(正確にいうと、リラクセーションだそうです)法によってコントロールする手法を身につけます。身体の緊張を解く→心のリラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)を引き起してしまうことを利用して下さい。

【暴露療法(エクスポージャー)】
不安や恐怖のために避けている場所や状況にちょっとずつ慣らし、克服した体験をつんで自信をつけていく手法です。「自分が避けている場所がパニック発作とは関係がない」ことを身をもって確かめていきます。最初の目標がクリアなるべくなら、ちょっとずつ段階的に目標のレベルを上げていきます。

狭心症の発作

「健全な生活の定義」について

健全な生活って一言で言うのは難しいですね、WHOの言葉のように定義していても具体的には良く判らないのが普通ですね。